ふだつじ輝巳を育てる会 輝桜会

政策

1.活力ある広域観光の推進

 由緒ある社寺や遺跡が数多くある桜井市では、それらを有効に活用してゆくために、中・南和地域の各市町村との連携強化が、これまで以上に求められています。幸いにも、私の提案に賛同をいただき、桜井・橿原・高取・明日香の近隣4市町村の議長が発起人となって、「観光」をテーマとした合同研修会が開催されました。近い将来、これが実のあるものとして、行政と一体となった広域観光フィールドを形成し、観光客増につなげていくとともに、さまざまな地場産業へ経済的な波及効果がもたされ、桜井市の活性化の一助となるよう、議長として、議員として、精一杯努めて参ります。


2.子どもたちを健やかに育てます。

 子どもは地域の宝です。子どもたちのスポーツ振興や道徳教育の充実が重要視されています。教育現場におけるハード・ソフト両面の環境整備などを通じて、思いやり、優しさを備え、心豊かな青少年の育成が大変必要と考えます。きめ細やかな行政施策を行うとともに、桜井市サッカー協会の会長として、青少年の健全育成を応援できる政策を実現してまいります。


3.健康で支えあう地域づくりをめざします。

 桜井市の高齢化率は、現在では20数パーセントになっています。買い物・食事・医者にかかるなどの日常生活に、不自由な思いをされている高齢者は、少なくありません。各地域で進められている、地区社協の活動のさらなる充実を図り、それぞれに支え合う街づくり、住民の声がもっと行政に届きやすい仕組みづくりなど、福祉の質を高めることに力を入れてまいります。


4.食の安全、エコにやさしい地域づくりを!

 地産地消を進めるとともに地域の活性化を図るためにも、農産物直売所を充実し、食流通の安全確保に努めます。すでに開設の「とれとれ市場」を、より活発なものとして、生産者と消費者が顔と心をつなぐ、安心と信頼の地産地消ネットワークづくりを推し進めます。また、環境にやさしく、循環型で次世代も安心して住み続けられる、魅力ある地域づくりに努めてまいります。


活力ある桜井市へ―

 以上のことを基本にすえ、これからも活力あるまちづくりに誠心誠意努力を傾注してまいる所存でおりますので、ご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。